日本人学生の「アジア体験」コンテスト

第19回「日本人学生の『アジア体験』コンテスト」
「夢・アジア体験賞」(体験賞金30万円贈呈)
受賞者決定!


<列左より>菊川実行委員長、岩﨑 由美さん、原本 佳歩さん、牧野 百合絵さん、村松 亜美さん
本橋 恵美さん、北原審査委員長


【アジア体験コンテストとは…?】

日本人学生を対象に、アジアに対する理解促進を目的として、毎年開催しているコンテストです。
①対象国の3ヶ国で日本語教育体験(インターンシップ)を行う ②就業体験(インターンシップ)を行う を テーマとして、日本の学生が3ヶ国に貢献できる教育・就業の企画書を作成してもらいます。
一次審査(書類選考)、二次審査(面接)にて入賞者を決定し、賞金を支給し企画を実現してもらいます。
2018 年度の対象国は①カンボジア、②マレーシア、③ミャンマーの3か国です。


<選考実施報告>
一次審査・・・書類選考(当財団指定の企画書)応募締切9月30日(日)
審査委員による書類と体験先交渉手続状況を審査。
10月2日(火)当財団ホームページにて通過者発表。

二次審査・・・10月20日(土)12:00~
一次審査通過者5名を国ごとのグループに分けて面接を実施。
会場:東京ガーデンパレス 3 階 鶴の間
審査員2名による審査の結果、入賞者5名を決定しました!



◆入賞者5名体験先一覧◆

体験先
(体験国)
氏名 学校名 体験内容 体験報告
NPO 光語学スクール
(カンボジア)
はらもと かほ
原本 佳歩
京都外国語大学 書道を通しての日本語教育
(日本語教育体験)
NPO 光語学スクール
(カンボジア)
まきの ゆりえ
牧野 百合絵
武庫川女子大学 世界で活躍できる医療人
~日本語を通じて子供達を健康に~
(就業体験)
カンボジア ティータイム
(カンボジア)
むらまつ あみ
村松 亜美
名古屋大学 「日本の文化×継続的な仕組みづくり」で
カンボジア観光業を支える
(就業体験)
AtoZ ランゲージセンター
(マレーシア)
いわさき ゆみ
岩﨑 由美
ホツマインター
ナショナルスクール
「シャドーイング」を活用して、より自然
な日本語の音声を身につける機会を与える
(日本語教育体験)

NEW!

AZIA MARKETING
MALAYSIA SDN.BHD
(マレーシア)
もとはし えみ
本橋 恵美
モナッシュ大学 マレーシアでのインターンシップを通じて
得たいこと
(就業体験)


手にした賞金で自分の企画を実現して下さい!
期待しています!!

主催 一般財団法人 共立国際交流奨学財団
後援 文部科学省 外務省 産経新聞社
協賛 株式会社 共立メンテナンス
作成者 公益企画課 佐藤( 2018/10/22)

ページトップへ戻る