2019年度 奨学候補生現地(ミャンマー)選考会

日時:2018年8月25日(土) 9:00~
会場:NOVOTEL YANGON MAX


<後列左より>坂上先生(共立日語学院)、北原選考委員長、菊川選考委員、村松副実行委員長
<前列左より>採用者3名:HAY MANN SOE、AYE ZAW LATT、WAI YAN HLA MAW

【奨学候補生現地選考会とは・・・?】
奨学候補生現地選考会は、日本の日本語学校へ留学を希望している学生を対象に、日本で生活をする資金を支援し、生活の保障をする為に、現地で行なう奨学候補生の選考会です。この奨学金は資金不足を解決するだけでなく、VISA 申請時にも留学資金が必要十分にあることの証明にもなります。奨学候補生は 2019年4月1日(月)に、日本での奨学金授与式に出席することで、正式な奨学生となります。
奨学金名 (株)共立メンテナンス奨学基金奨学金
金額 毎月6万円
支給期間 2019年4月から2020年3月まで1年間

奨学候補生採用者3名を決定!
氏名 所属日本語学校 大学 日本の留学先
ヘイ マン ソー
HAY MANN SOE
AIRISU日本語学校 タゴン大学 共立日語学院
エイ ゾウ ラット
AYE ZAW LATT
もみじ日本語センター ヤンゴン大学 京進ランゲージアカデミー
ウェイ ヤン ラ モー
WAI YAN HLA MAW
ひかりアカデミー 東ヤンゴン大学 TOEI学院
主催 一般財団法人 共立国際交流奨学財団
後援 MOMIJI日本語センター
選考委員 北原 賢三 (神田外語大 客員教授)
菊川 長德 (国士舘大学 21世紀アジア学部 教授)

第8回 日本語体験コンテスト in ヤンゴン

日時:2018年8月25日(土) 12:00~
会場:NOVOTEL YANGON MAX


【日本語体験コンテストとは・・・?】

当財団では、国際交流事業の一環として、日本語・日本文化に興味を持って勉強している学生を対象に「日本語体験コンテスト」を実施しております。入賞賞品である「夢・日本体験賞」では、日本へ無料で招待し、実際に日本での生活や文化を体験することで、更なる日本への興味、理解を深め、日本留学の夢への第一歩を踏み出す支援をしております。


<後列左より>梅村様(ERIN日本語センター)、THU ZAR WIN THU様(オハイオ日本語教育センター)、NYI NYI HTWE様(AIRISU日本語学校)、SAM HLA PHYU 様(AIRISU日本語学校)、THIN AYE AYE KO様(ティンミャンマー日本語学校)、坂上審査委員、北原審査委員長、菊川実行委員長、古賀一等書記官(在ミャンマー日本国大使館)、尹様(ANAヤンゴン支店)、佐藤様(Japan Foundation国際交流基金) 、市川様(WIN日本語学校)、小林様(Myanmar DCR) 、村松実行副委員長
<前列左より>入賞者5名:PHYO SANDY HTWE、MYAT NAY CHI TUN、MYAT EAINDRAY MOE、CHAW BA YA NI、SU MYAT

入賞者5名を日本体験旅行(7泊8日)に無料招待!
氏名 日本語学校 大学
ピョー サンディ トゥエ
PHYO SANDY HTWE
MOMIJI日本語センター ヤンゴン外国語大学
チョウ バ ヤ ニ
CHAW BA YA NI
AIRISU日本語学校 ヤンゴン外国語大学
ミャ エインドレイ モー
MYAT EAINDRAY MOE
AIRISU日本語学校 ヤンゴン外国語大学
ミャッ ネイ チ トーン
MYAT NAY CHI TUN
ヤマト日本語センター ヤンゴン大学
ス ミャッ
SU  MYAT
ERIN日本語センター 西ヤンゴン大学

入賞賞品: 「夢・日本体験賞」7泊8日間
実施期間: 2019年1月20日(日)~1月27日(日)(1泊機内泊)(予定)
体験内容: 学校訪問、2泊3日小旅行など(予定)
主催 一般財団法人 共立国際交流奨学財団
現地運営団体 MOMIJI日本語センター
後援 文部科学省、在ミャンマー日本国大使館、全日本空輸株式会社ヤンゴン支店
協賛 株式会社 共立メンテナンス

ページトップへ戻る